プラネタリウム

天の川の星も含め約1億個の星を投影。

私たちの目で見える6等星までの星、およそ9,500個を実際の星と同じ色で再現しました。本当の夜空の下で星を眺めている気分になってお楽しみください。

45分間の解説員の生解説のみによる番組「今夜の星空(生解説)」もお楽しみください。

 

『クジラが星に還る海』

空には満天の星、そして満月が輝く夜。海面はサンゴの一斉方らんによってキラキラ幻想的に輝いて・・・。夜が明けて行く中に、一頭のマッコウクジラが登場します。クジラや深海の生物などCGモデリングで、幻想的なタッチで描いた物語です。

前半には、星空解説があります。

投影時間

前半は星空解説、後半は『クジラが星に還る海』(計45分)

投映日

平成30年4月1日(日)~平成30年5月31日(木)
13時30分~、16時30分~
土日祝日および学校春休み期間(4月2日~4月6日)
10時30分~、13時30分~、16時30分~

470億光年の、その先へ~宇宙のはてをさがす旅~

‘宇宙のはて’ってどんなところ?星を見上げて、一緒に宇宙のはてを探す旅に出発しよう。聴覚に障がいのある方もお楽しみいただけるように、字幕が付いています。後半には、解説員による星空解説もあります。

投影時間

番組約25分+星空生解説約25分

放映日

第4土曜日10時30分~

企画

公益財団法人しまね自然と環境財団

島根県立三瓶自然館サヒメル

制作・配給

株式会社五藤光学研究所